会計士UPのアルバイトで得たキャリアに対する新たな価値観

会計士UPのアルバイトで得たキャリアに対する新たな価値観

高田さん
約6ヵ月間、会計士UPでアルバイトとして勤務し、この秋から上場準備中のベンチャー企業でご活躍の高田さんにお話を聞きました。アルバイトの業務内容や会計士UPを通じて得たもの、変化した価値観などを伺いました。

―会計士UPのアルバイトに応募したきっかけを教えてください
SNSで東京CPA会計学院の国見健介先生のアルバイト募集のツイートを見たことがきっかけでした。内容を見て面白そうだなと感じて、緊張しながら国見先生に連絡したのを覚えています(笑)会計士の人材紹介と聞いてぱっと浮かぶのは大手のサイトばかりだったので、ベンチャー色があるところはどういった事業なのかと興味を持ちました。

―実際に取り組まれた業務内容や、業務に対する感想を聞かせてください
主な業務は、会計士UPに掲載されているインタビュー記事の作成サポートです。会計士UPでは、事業会社のCFO、コンサルティング会社、独立会計士、予備校講師等様々な業界で活躍する会計士の方々のインタビュー記事を掲載していて、私はその記事作成に携わりました。具体的には、インタビュー音声データの書起しと記事の編集を担当し、行けるときはインタビューにも同席しました。

それまでもセミナーなどで活躍する方のお話を聞く機会はありましたが、聞けるのは当然一度きりで、聞き逃すともう後には残りません。でもこの業務では、自分が気になった部分の音声を、何度でも聞き直すことができるので、いろんな方のキャリアの考え方を確実にインプットすることが出来ました。これは、自分にとって間違いなく良い経験になりました。

―このアルバイトをして良かったと感じるのはどういった点ですか?
キャリアに対する価値観が変わったことです。会計士UPで働くまでは、受かったらみんな監査法人へ行くものだと思っており、正直キャリアについて深く考えていませんでした。むしろ、監査法人に就職するしかないという先入観を持っていました。しかし、インタビューを受けた方の中には、監査法人を選ばず税理士法人に進み活躍されている方もいらっしゃいますし、一度監査法人に入所されるも、早いタイミングで別のキャリアを模索されている方もいらっしゃいます。どこへ行っても活躍する人はしている、結局は自分次第なのだと気づかされました。会計士UPで"やりたい事はなんだろうか"と見つめ直すきっかけを得て、私は監査法人ではなく事業会社を次のキャリアとして選択しました。まだ入社したばかりですが、とても充実しています。

―このアルバイトをどういった方におススメしたいですか?
会計士のキャリアについて興味を持っている方に薦めたいです。また、アルバイトに対して、お金を稼ぐためだけにやるもの、労働時間の提供、という印象を持っている方にも薦めたいです。「アルバイトって面白い経験もできるんだ」という価値観を持ってもらいたい。将来に対して得られるものはとても大きいと思うので、より多くの方に経験してほしいと思います。

―ありがとうございました!またいつか一緒にお仕事しましょう!!


会計士UPでは会計士受験生やキャリアに興味関心の高い学生のアルバイトを募集しています。