【9月18日開催】PEファンド、上場企業経営企画、ベンチャー企業取締役、実務とキャリアを徹底比較!?

【9月18日開催】PEファンド、上場企業経営企画、ベンチャー企業取締役、実務とキャリアを徹底比較!?

今回は、監査法人、PEファンド、東証一部上場企業の常務取締役(トリドール・丸亀製麺)、そして注目のベンチャー企業(akippa)の取締役として活躍されてきた小林寛之さんに登壇頂きます。キャリアの総合格闘技、いや、まさにキャリアのフルコース。小林さんのキャリアは多岐に渡りますが、そこには一貫したストーリーがあります。様々なキャリアの可能性を感じ、だからこそキャリア選択に悩んでいる若手会計士の皆様にとって、他では聞けないとても示唆に富んだ学びの会になりそうです!!

『なぜ、小林さんはPEファンドから事業会社へ転職したのか。』
『なぜ、一部上場企業の常務取締役からベンチャー企業へ転職したのか。』
本気で走ってきた20代、30代があり、いまの立場になって見える世界観をお話し頂きたいと思います。

土曜日の朝の時間を有意義に、インプットの時間として活用しませんか?
皆様のふるってのご参加、お待ちしております。

このような方にオススメ
●PEファンド、事業会社経営企画、ベンチャー企業。どれも興味がある
●転職後のキャリアの可能性を知りたい
●具体的なアクションにつなげたいと思っている

当日聞ける話
■小林さんのキャリアヒストリー
-転職を決めた舞台裏では何が起こっていたのか?
-ここだけの話?気になる年収の考え方に迫る。 

■PEファンド vs 事業会社
-「ハンズオン」のイメージとリアル
-PEファンド、事業会社でのM&Aの違い、手触り感

■上場企業 vs ベンチャー企業
-スピード感が速いのは、実は・・・
-会計士はベンチャー企業で苦労するのか?
-飲食業界VSテック業界 得られる経験値の違いとは

■これまでの経験を経て思うこと、若手会計士へのメッセージ
-会計士が転職するリスクとは?転職のタイミングは?
-今だから思う、若手会計士に伝えたい大切なコト

セミナー最後の質問タイムで知りたい事はドシドシご質問ください。
お申込フォームでも事前のご質問をお受けつけておりますのでご記載下さい。
(※質問内容と当日の進行状況によります)

登壇者のご紹介

ゲストスピーカー
小林 寛之
akippa株式会社 取締役
小林さんプロフ.jpg

<経歴>
同志社大学商学部卒業
同志社大学大学院商学研究科商学専攻博士課程(前期課程)修了
監査法人トーマツ
国内大手証券系プライベート・エクティ・ファンド
株式会社トリドールホールディングス 常務取締役 兼 CFO
akippa株式会社 取締役(現任)

ファシリテーター
石田 武史
株式会社ネクサス・パートナーズ 代表取締役
広尾FAS株式会社 代表取締役 統括パートナー
公認会計士
社長横200プロフ写真.jpg
<経歴>
監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)及び野村證券株式会社において、株式公開支援やM&A・事業承継アドバイザリーに従事。
2012年 株式会社ネクサス・パートナーズ設立 代表取締役就任。2020年 広尾FAS株式会社設立 代表パートナー就任。

当日のご案内


日  時:9月18日(土) 10時~11時15分
場  所:Zoomによるオンライン開催
(お申し込み後にURL・パスワードをご案内します)
※当日は音声オフでの参加をお願いします。質問等はZoomのチャット機能にて受け付けます。申込時にも質問事項は受け付けております。

対象者
・日本公認会計士協会正会員、準会員
・USCPA

参加費:無料

参加人数:先着100名

イベントに申し込む